サザンパイン材:環境に優しい選択

木材は、住宅やビジネスを建てるのに利用できる最も環境に優しい材料かもしれません。 その理由は次のとおりです。

導出元

健全なソース

米国森林組合の

調査によると

、米国には約7億5000万エーカーの森林があり、この数は過去100年間比較的安定しています。 その他の注意事項は次のとおりです。

コスト削減

2つのほぼ同一の家の調査では、1つは木造、もう1つは冷間成形鋼で組み立てられており、鉄骨造の家の建築業者のコストは木造の家よりも14.2%高いことが示されました。 鉄骨造のパッケージコスト(骨組みの人件費と材料費)は、木造のパッケージよりも42.4%高かった。

スチールハウスの総骨組み時間(労働時間)は4.3%増加し、骨組み材料費は43.5%増加しました。 報告書の著者らは、コストの違いは労働市場やその他の要因によって異なる可能性があると警告しています。

事実を知る

木材を使用することは、環境衛生を保護する上で最も理にかなっています。

建築環境の二酸化炭素排出量を削減する圧力が高まる中、建築設計者は、機能性とコスト目標と環境への影響の低減のバランスをとることがますます求められています。 木材は費用対効果の高い素材であり、そのバランスを実現するのに役立つ再生可能な資源です。

詳細については、以下をご覧ください。

*スチール対木材、コスト比較、ビューフォートデモンストレーションホームズ、米国住宅都市開発省(HUD)、北米鉄骨フレームアライアンス、および全米住宅建設業者協会のNAHB研究センターが作成したPATH研究レポートから。