コンプライアンスの状態

2024年2月7日

私たちは、インターネットは誰もが利用でき、アクセスできるものであるべきだと固く信じており、能力に関係なく、可能な限り幅広い視聴者がアクセスできるWebサイトを提供することをお約束します。

これを実現するために、World Wide Web Consortium (W3C) の Web Content Accessibility Guidelines 2.1 (WCAG 2.1) を AA レベルで可能な限り厳格に遵守することを目指しています。 これらのガイドラインでは、さまざまな障害を持つ人々が Web コンテンツをアクセシブルに利用できるようにする方法について説明します。 これらのガイドラインを遵守することで、目の不自由な方、運動障害のある方、視覚障がいのある方、認知障がいのある方などがウェブサイトにアクセスできるようになります。

このウェブサイトは、常に可能な限りアクセスできるようにするためのさまざまな技術を利用しています。 特定の障害を持つ人がWebサイトのUI(ユーザーインターフェイス)を調整し、個人のニーズに合わせて設計できるアクセシビリティインターフェイスを利用しています。

さらに、このWebサイトは、バックグラウンドで実行されるAIベースのアプリケーションを利用し、アクセシビリティレベルを常に最適化しています。 このアプリケーションは、Web サイトの HTML を修正し、目の不自由なユーザーが使用するスクリーン リーダーや、運動障害のあるユーザーが使用するキーボード機能にその機能と動作を適応させます。

ウェブサイトの所有者に連絡したい場合は、次の電子メールを使用してください cmoises@sfpa.org

スクリーンリーダーとキーボードナビゲーション

当社のWebサイトは、スクリーンリーダーを使用してアクセスする視覚障害者がWebサイトの機能を読み、理解し、楽しむことができるように、さまざまな動作変更とともにARIA属性(Accessible Rich Internet Applications)技術を実装しています。 スクリーンリーダーを持つユーザーがサイトに入るとすぐに、スクリーンリーダープロファイルの入力を求めるプロンプトが表示されるため、サイトを効果的に閲覧および操作できます。 ここでは、当社のウェブサイトがスクリーンリーダーの最も重要な要件のいくつかをどのようにカバーしているかをご紹介します。

  1. スクリーンリーダーの最適化: Webサイトのコンポーネントを上から下まで学習するプロセスを実行し、Webサイトを更新する場合でも継続的なコンプライアンスを確保します。 このプロセスでは、ARIA の属性セットを使用して、スクリーンリーダーに意味のあるデータを提供します。 たとえば、正確なフォームラベルを提供します。実用的なアイコン(ソーシャルメディアアイコン、検索アイコン、カートアイコンなど)の説明。フォーム入力のバリデーションガイダンス。要素の役割 (ボタン、メニュー、モーダルダイアログ (ポップアップ) など)。さらに、バックグラウンドプロセスでは、Webサイトのすべての画像がスキャンされます。 これは、記述されていない画像のALT(代替テキスト)タグとして、正確で意味のある画像オブジェクト認識ベースの説明を提供します。 また、OCR(光学式文字認識)技術を使用して、画像に埋め込まれたテキストを抽出します。 スクリーンリーダーの調整をいつでもオンにするには、Alt+1 キーボードの組み合わせを押すだけで済みます。 また、スクリーンリーダーのユーザーは、ウェブサイトに入るとすぐに、スクリーンリーダーモードをオンにするための自動アナウンスを受け取ります。

    これらの調整は、JAWS、NVDA、VoiceOver、TalkBack などの一般的なスクリーンリーダーに対応しています。

  2. キーボードナビゲーションの最適化: また、バックグラウンドプロセスでは、WebサイトのHTMLを調整し、JavaScriptコードを使用してさまざまな動作を追加して、Webサイトをキーボードで操作できるようにします。 これには、Tab キーと Shift+Tab キーを使用した Web サイトの移動、矢印キーによるドロップダウンの操作、Esc キーによるドロップダウンの操作、Enter キーを使用したボタンとリンクのトリガー、矢印キーを使用したラジオ要素とチェックボックス要素間の移動、Space キーまたは Enter キーによる入力などが含まれます。さらに、キーボード ユーザーは、Alt + 2 をクリックすることでいつでも、またはキーボードで移動しているときにサイトの最初の要素として、コンテンツ スキップ メニューを利用できます。 また、バックグラウンド プロセスでは、トリガーされたポップアップが表示されるとすぐにキーボード フォーカスを移動し、フォーカスが外部にずれないようにすることで、トリガーされたポップアップを処理します。

    ユーザーは、「M」(メニュー)、「H」(見出し)、「F」(フォーム)、「B」(ボタン)、「G」(グラフィック)などのショートカットを使用して、特定の要素にジャンプすることもできます。

当社のウェブサイトでサポートされている障害プロファイル

UI、デザイン、読みやすさに関する追加の調整


  1. フォントの調整 –
    ユーザーは、サイズを拡大および縮小したり、ファミリ(タイプ)を変更したり、間隔、配置、行の高さなどを調整したりできます。
  2. 色調整 – ユーザーは、明るい、暗い、反転、モノクロなど、さまざまな色のコントラストプロファイルを選択できます。 さらに、ユーザーはタイトル、テキスト、背景の配色を7種類以上のカラーリングオプションと交換できます。

  3. アニメーション –
    てんかんユーザーは、ボタンをクリックするだけで、実行中のすべてのアニメーションを停止できます。 インターフェイスによって制御されるアニメーションには、ビデオ、GIF、CSS フラッシュ トランジションが含まれます。
  4. コンテンツの強調表示 – ユーザーは、リンクやタイトルなどの重要な要素を強調することを選択できます。 また、フォーカスされた要素またはホバーされた要素のみを強調表示することもできます。
  5. 音声のミュート – 補聴器を使用しているユーザーは、自動オーディオ再生により頭痛やその他の問題が発生する可能性があります。 このオプションを使用すると、ユーザーはWebサイト全体を即座にミュートできます。

  6. 認知障害 –
    ウィキペディアとウィクショナリーにリンクされた検索エンジンを利用して、認知障害のある人がフレーズ、イニシャル、スラングなどの意味を解読できるようにします。

  7. 追加機能-
    ユーザーはカーソルの色とサイズを変更したり、印刷モードを使用したり、仮想キーボードを有効にしたり、その他多くの機能を実行したりできます。

支援技術とブラウザーの互換性

私たちは、できるだけ多くのブラウザと支援技術をサポートすることを目指しており、ユーザーはできるだけ少ない制限で、自分に最適なツールを選択できるようにしています。 そのため、Google Chrome、Mozilla Firefox、Apple Safari、Opera、Microsoft Edge、JAWS、NVDA(スクリーンリーダー)など、ユーザー市場シェアの95%以上を占めるすべての主要なシステムを、WindowsとMACの両方のユーザー向けにサポートできるように懸命に取り組んできました。

メモ、コメント、フィードバック

誰もが自分のニーズに合わせてウェブサイトを調整できるように最善の努力を払っていますが、完全にアクセスできないページやセクション、アクセシブルになる過程にあるページ、またはアクセシブルにするための適切な技術的ソリューションが不足しているページやセクションがまだある場合があります。 それでも、アクセシビリティを継続的に改善し、オプションと機能を追加、更新、改善し、新しいテクノロジーを開発および採用しています。 これらはすべて、技術の進歩に続いて最適なレベルのアクセシビリティに到達することを目的としています。 ウェブサイトの所有者に連絡したい場合は、次の電子メールを使用してください cmoises@sfpa.org